TEL LINE

最新医療機器 | 飯田市・下伊那郡・喬木村 さくら接骨院

お問い合わせはこちら

プロスポーツ選手が愛用する最新医療機器

さくら接骨院では飯田市・下伊那郡では大変珍しくプロスポーツ選手やオリンピック選手が愛用する最新医療機器を導入しております。柔道オリンピック3連覇を果たした野村選手など名前を聞いたら誰でも知っている選手が実際に利用している最新医療機器の一番の特徴は「痛みの早期改善」になります。詳細は以下に記載いたしましたのでご確認下さいませ。

エコー検査機器(ViamoC100)

人の耳では聞こえないほどの高い周波数(超音波)を利用し、痛みの原因を検査・特定するのがエコー検査機器の特徴です。エコーがあれば何が原因で痛みをもたらしているのかを細かく検査することができます。当院ではしっかり検査をしてから治療に入らせて頂きます。



ハイボルテージ(ES-5000)

プロ野球選手を代表する岩隈久志選手と前田健太選手が利用していることで有名なハイボルテージ。高電圧を流すことで痛みの回復力を極端に高めることができるのでスポーツで痛めた体や腰痛やぎっくり腰、肩こりなどの症状にも最適です。



超音波治療機器(UST-770)

オリンピック選手が愛用している超音波治療機器UST-770では、身体の深部(患部:痛めた場所)も立体的に直接温める立体加熱+軟部組織の治療に適した低出力超音波が特徴的な機器です。分かりやすくお伝えするのであれば1回治療を受けて頂くだけで痛みを緩和させることができます。