TEL LINE
MENU

Blog記事一覧 > 院長 > ひどい捻挫

ひどい捻挫

2015.06.26 | Category: 院長

20150626102747三果骨折

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜9時知り合いのおば様からTEL。ママさんバレー中けがをしてしまったからみてくれ! と。接地できず歩行不能 顔面蒼白(涙)。。。腓骨下端、内果上、距腿関節に限局性圧痛あり。あわや三果骨折(汗)ギャラリーのおばさまたちも「まがっとる」と騒いでいる。翌日レントゲンで確認したが骨折はなしとの診断で事なきを得たが相当ひどい捻挫でした。翌々日シーネからレナサーム固定に変更、今日で4日目の腫れ具合でした(左写真)。ちなみに右図は、三果骨折の説明。

 赤ちゃんのようにパンパンに腫れ上がり内出血で真っ黒になっています。これが2週間もすればきれいになり、3週間でギプスがはずれ4週間もすればすたすた歩けて6週間もすれば正座ができるようになるはずです。

 

施術の流れ

1. カウンセリング表の記入

2. 検査

検査にはゆがみ測定、スパイラル測定といった体のバランスをしっかり検査することを心掛けております。

3. 施術

4. 今後の日常活指導・ストレッチ指導

5. お会計

当院へのアクセス情報

さくら接骨院

所在地〒395-1100 長野県下伊那郡喬木村1290-5
駐車場150台
予約電話にてご予約をお願いします
電話番号0265-33-3737
休診日土曜午後・日曜・祝日
院長原 利夫

フェイスブックを始めましたので『いいね』お願い致します。