TEL LINE
MENU

Blog記事一覧 > 院長 > 恥骨骨折 救急車

恥骨骨折 救急車

2015.04.25 | Category: 院長

新患の患者様が来られました。

ご主人が受付まで来られ「歩けない、車から降りる際痛がる、、、」

と。

何とかおんぶをしようとするのだが、股が開けない。

大腿骨頸部骨折か骨盤骨骨折か、、、。

ベッドに何とか担ぎ込み様子を見ると恥骨を押さえ痛がっていた 

先日脾臓破裂の患者様が来たばかりだったので注意深く診た

 

どうも大腿骨ではなさそう

とにかく内またの上部を痛がっていた

骨盤骨だと、子宮や内臓への損傷が怖い

 

救急車で搬送してもらった

そののち電話があり、やはり恥骨骨折とのこと

しばらく寝たきりだ

 

お昼に往診に行き、寝方、アイシング指導、食事、入浴不可、計温、尿チェックをし

帰宅した

しばらく往診で様子をみることにした

 

原因は、階段を飛び下りた際、負傷。

一日も早く治して差し上げたい。

 

治療の流れ

1. 問診表の記入

2. 検査

検査にはゆがみ測定、スパイラル測定といった体のバランスをしっかり検査することを心掛けております。

3. 施術

4. 今後の日常活指導・ストレッチ指導

5. お会計

当院へのアクセス情報

さくら接骨院

所在地〒395-1100 長野県下伊那郡喬木村1290-5
駐車場150台
予約電話にてご予約をお願いします
電話番号0265-33-3737
休診日土曜午後・日曜・祝日
院長原 利夫

フェイスブックを始めましたので『いいね』お願い致します。