TEL LINE

ヘバーデン結節とブシャール結節 | 飯田市・下伊那郡・喬木村 さくら接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 院長 > ヘバーデン結節とブシャール結節

ヘバーデン結節とブシャール結節

2015.03.06 | Category: 院長

大学で音楽の先生をされているお客さまが来られました。有名な声楽の先生です。だいぶお年も大きくなられてさまざまな箇所が悪くなっています。今回は、ピアノの弾きすぎでもともとへバーデン結節だったところが炎症を起こしたもの。レーザーとスパイラルテーピングでかなり改善しピアノを弾いても痛くなくなりました。めでたしめでたし(嬉)

へバーデン結節とはこちら↓↓↓

へバーデン手指のDIP関節(爪から1つ目の関節)に発症したものをヘバーデン結節(写真)と言い、PIP関節(爪から2つ目の関節)に生じたものをブシャール結節と呼びます。 40歳代後半から50歳代の女性に多く見られます。初期の症状は、DIP・PIP関節の軽度の発赤(局所の赤み)、腫脹(腫れ)、疼痛(痛み)です。その後、徐々に同部の屈曲変形をきたします。その本態は変形性関節症です。変形性関節症の特徴である関節裂隙(かんせつれつげき)の狭小化と関節辺縁での骨棘形成(こつきょくけいせい)がみられ、症状としては、関節痛や関節の可動域制限(関節拘縮)がおこります。 DIP・PIP関節以外の手指関節には変形がないのが特徴で、この点がリウマチと異なるところです。多くの方がリウマチだと思われていますが、決してリウマチではありません。施術は、テーピング、電気、超音波施術、関節運動等を施します。場合によっては固定が必要な場合もあります。根気強く頑張って施術していきましょう。