TEL
MENU

バレーボール治療

下伊那郡喬木村のさくら接骨院(飯田市となり)のバレーボール治療でスポーツ障害も根本治療

バレーボールでは、ジャンプ動作によるスポーツ障害、足首の捻挫や突き指などの外傷、さまざまな故障が考えられます。どのような場合であっても、早めに下伊那郡喬木村のさくら接骨院(飯田市となり)のバレーボール治療を受けていただくということが素早い改善のためには欠かすことが出来ません。まだ大丈夫…と我慢して悪化させないように早めのバレーボール治療を心がけてください。

「膝のスポーツ障害であるジャンパーズニー」

バレーボール選手は練習の中でかなりのジャンプ動作をおこないます。部活動で毎日練習されているという方ですと、ジャンプ動作によって膝には大きな負担がかかっている状態になるため、ジャンパーズニーというスポーツ障害が起こりやすくなります。下伊那郡喬木村のさくら接骨院(飯田市となり)のバレーボール治療では、慢性的になりやすいスポーツ障害も原因部分から取り除いていくことが出来ます。膝の痛みをかばっていると他の部位を傷めてしまうことも御座いますのでバレーボール治療でしっかりと改善させていきましょう。

「痛みが繰り返し起こらないように身体を調整」

下伊那郡喬木村のさくら接骨院(飯田市となり)のバレーボール治療は、身体のバランスを整える矯正治療も用いていきます。身体のゆがみが無くなることで不自然にかかっていた負担が無くなりますので、再発防止につながるのです。

当院へのアクセス情報

さくら接骨院

所在地〒395-1100 長野県下伊那郡喬木村1290-5
駐車場150台
予約電話にてご予約をお願いします
電話番号0265-33-3737
休診日土曜午後・日曜・祝日
院長原 利夫

フェイスブックを始めましたので『いいね』お願い致します。