TEL
MENU

サッカー治療

怪我・スポーツ障害どちらの場合にも下伊那郡喬木村のさくら接骨院(飯田市となり)のサッカー治療

サッカー選手に多い怪我やスポーツ障害は下半身に集中しております。ゴールキーパーは手を使いますので肩などを傷めることも御座いますが、基本的なボールを蹴る動作やダッシュ動作によって太ももの肉離れ、足首の捻挫などの外傷、そして膝のスポーツ障害が出てきてしまうことが多いのです。下伊那郡喬木村のさくら接骨院(飯田市となり)ではどのような症状も専門的なサッカー治療によって素早く改善させていくことが出来ます。

「特に多い膝の痛み」

走る動作やボールを蹴る動作、サッカーで必要な動作を繰り返しているうちに膝に大きな負担がかかり傷めてしまうことが御座います。サッカー治療を受けずにそのままにしてしまうと、スポーツが出来なくなってしまうだけではなく日常生活にも支障が出てきてしまいます。お早めに下伊那郡喬木村のさくら接骨院(飯田市となり)のサッカー治療で改善させて思い切りプレイ出来るようにしましょう。

「身体のゆがみを矯正することの大切さ」

下伊那郡喬木村のさくら接骨院(飯田市となり)のサッカー治療は、痛みを効果的に取り除いていくために身体のゆがみを矯正していき自然治癒力を引き出します。また、こうしたサッカー治療は今後の怪我やスポーツ障害の予防にもつながるのです。

当院へのアクセス情報

さくら接骨院

所在地〒395-1100 長野県下伊那郡喬木村1290-5
駐車場150台
予約電話にてご予約をお願いします
電話番号0265-33-3737
休診日土曜午後・日曜・祝日
院長原 利夫

フェイスブックを始めましたので『いいね』お願い致します。